バナー

新入社員を研修する重要性

私は、外国人の方に特化をした不動産会社の営業マネージャーをしています。


定期的ではないですが、新人社員が入社をしてきます。

その時の経験上で自分自身が学んだことがあります。

安心、信頼のバンコクの不動産との上手な付き合い方をお知らせします。

まず、仕事をしていく上で報告・連絡・相談というのはいわば、常識的な部分です。

資料の共有を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

口コミ評判の高い新入社員研修を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

しかしながら、ゆとり教育を終えた世代は、基本的事項を研修の中できちんと説明・理解をさせないと、研修後に苦労をすることがあります。

私も、このことでだいぶ苦労をしました。次に、研修中では自分自身の役割というものをしっかりと認識させることが重要です。
このことも、面接をしている時点で理解をしているだろうという感覚でいると、業務上うまく機能をしなかったり不満につながることがあります。




外国人を採用する場合、時間も守らせる、マナーを守らせる(ワイシャツのボタンを開けすぎていないか等)、日本語でのコミュニケーションをする等のことを研修中にしっかりと教えていくことが重要です。
特に、時間に関しては、5分、10分遅れても大丈夫であるという感覚がある方が多いです。


もちろん、日本が時間に厳しいということを知っている方であればよいのですが、そうした方でない場合トラブルになることがあります。


私もそのことで苦労をしましたが、よく話し合いをして理解をしてもらい今ではきちんと時間を守ることの重要性についてわかってもらうことができました。

トナーの買取ならお任せください。

また、言葉の問題ですが、たとえ英語を話すことができても日本語がよいです。

働いている本人のためでもあるのですが、上司亜土が言葉を理解できない場合があります。


インクの買取関連情報サイトです。

その場合、業務上で支障やミスコミュニケーションなど生じることがあるので社内の会話は日本語で統一を可能な限りすることがよいです。

研修というのは、事務的な流れで行うのではなく、新入社員との最初のコミュニケーションの場でもあります。

そこで、曖昧な説明や会社お取組、個人の役割についてしっかりと理解をされないと研修自体の意味もないですし時間の無駄になります。

しかしながら、前述したことを実践することで確実に実りのあるものとなります。


http://www.fukuda.co.jp/medical/inhome_medical/
http://www.shufti.jp/
http://www.jahhc.com/